走行距離

諸費用含めてローンを組んでいる時には、再度ローンを組む際に、新しい車の諸費用分を新たに加わってしまいますので、支払い金額は増額ということになります。そのようなときには前回よりも安い金利設定で要求すると良い結果に繋がるでしょう。

 

値引きをして欲しいというお客さんに対しては100000円は値引き分として返金しますが、それ以上は値引きはできませんという話をしてきます。これについては倉庫に支障がない場合であればディーラーもこの線で落ち着きやすいです。ただし赤字になってても値引きをするという事ではなく、150000円くらいが限度だと考えても良いでしょう。

 

当たり前のことですが、車の走行距離のメーターというのは、その車が本当に走行した距離を示しています。新車購入時に受ける取る時でも0キロということはありません。ほとんどの場合は50キロぐらいで新車を受け取ることが多いのです。ということであれば、販売されている中古車の走行距離というのも、新車の時から実際に走っている距離を正しく表示しているはずなのです。

 

 

だけど、走行距離を表示するメーターも機械というので故障して停止してしまうことがよくあります。