渋滞の道で加減速が荒いと正直怖い

俗に言うレーダークルーズというクルーズコントロールは、レーダーを使って車の速度を自動調整してくれるのですが、自動調整の程度は各メーカーによって違います。
加減速のカーブは、各メーカーでチューニングしているのでしょうが、いろいろなメーカーの車を試乗してみると結構面白いものがあります。

例えば、ドイツ車のレーダークルーズは加減速が若干荒いのですが、ドイツ人はこんな運転をするのかという具合です。

 

この加減速のカーブはある程度コンピューター上で変更することが可能だと思うのですが、調整できる車を見たことがありません。
サスペンションはスポーツモードやコンフォートモードという具合に変更できるのですが、レーダークルーズ自体にモード切り替えは付いていないのです。

 

レーダークルーズのスポーツモードというと加減速が荒くなりそうで危ないという話なのでしょうが、もう少しマイルドな加減速にしてもらいたいという希望もあるでしょうから、対処してもらいたいものです。

 

高速道路では多少加減速が荒くてもいいのでしょうが、渋滞の道で加減速が荒いと正直怖いと思うことがあります。
また、交差点等ではいったんブレーキを踏むのでレーダークルーズも解除されますが、停止状態からレーダークルーズをオンにすると結構な急加速をしていくことが多いのです。