歩行者にも優しい車であって欲しいです
昔は自動車で事故に遭ってしまうと、ドライバーがけがをしてしまう事が良くありました。
ですが今では自動車についている数々の安全装置によって、ドライバーを守るようになっています。

 


ですから今では自動車で事故に遭ったとしても、ドライバーがけがをする事は少なくなっています。
それは大変良い事なのですが、ドライバーだけでなく歩行者にも優しい自動車になって欲しいのです。

 


自動車で人に衝突した場合、ドライバーは無事でも歩行者が無事であることは少ないのです。
どうしても大きな重たい自動車に生身の人間がぶつかるわけですから、人間に大きな衝撃が加わる事になってしまうのです。

 


自動車に歩行者が衝突する事によって、毎年多くの人がケガをしたり、最悪の場合命を落としてしまったりしています。
自動車を運転するドライバーの安全性は年々高くなって来ていますが、自動車にぶつかった人の安全性は昔とあまり変わってはいないと言えます。

 


私たちの国はこれから高齢化社会となってお年寄りの人口が増えますから、自動車に衝突してしまうお年寄りの数も増える事が予想されます。
そんな時でもお年寄りがケガなどをしないようにしてほしいと思います。

 


自動車を運転するドライバーも大切ですが、歩行者も同じように大切なのです。