憧れの初期のミニクーパーの魅力
最近、フルモデルチェンジが話題でCMも流れていたミニクーパー。
ですがやはり私が惹かれるのは初期のあの形です。

 


今のサイズに比べてだいぶ車体が小さく、丸みのあるボディがとても魅力的。
元々外車に軽自動車という概念はないので普通車でありながら軽自動車より小さい。

 


なおかつ排気量は普通車と同じくれば、走りが良いのは間違いなく、初期の時代にはミッション車がほとんどなので運転が好きにはたまらなく魅力的な車なのです。
形だけで見れば今は生産されていないダイハツ ミラジーノが同じようなボディですがやはりあれでは近代的な感じが見受けられます。

 


あの時代の外車だからこそのレトロ感が一番の魅力で内装も現代の車にはない魅力があるのです。
以前車を検討した時、ミニクーパーに乗っていたという方から直接話を聞いたことがあります。

 


小さいからこそ、車体が低く、ちょっとした段差でも気を配らなければいけないのが一番乗っていて思ったそうです。
また、成人男性には少し狭い空間になってしまうことが欠点のようです。

 


古い車なのでメンテナンスや維持も大変ですが、とても運転しがいのある車だと思いますが、私は今の近代的なミニクーパーよりもやはり初期のあの形のミニクーパーで走りたいです。