観光 自動車

コンパクトカーその4

観光,自動車
東北地方にもコンパクトカーが沢山走っているかもしれませんが、フィットの良さについて今回はお話ししたいとおもいます。
フィットは大人4名の乗車に支障はありません。すぐれた実用性と低燃費また低価格がそろっていますので、このクラスは2013年も高い人気を保っているのではないでしょうか。低価格タイプのコンパクトカーは大半の車種がフィットを意識しています。ハイブリッドも含めていれば依然として販売はよく値引き競争させるならフィットを相手にすると良いと思います。

 

 

この車を買うときは、ライバル車や新型車になったの音を相手にしていることでしょう。

 

価格が安いために多額の値引きを引き出すことはできませんが大量に売る必要のある車種であれば競い合わせる効果が高いのです。またコンパクトカーでは初代モデルを1999年に発売して以来、よく売れている車があります。三代目の現行型はアイドリングストップの採用も燃費性能の向上もしています。

 

 

価格の安さもあって販売ランキングの上位に入っている車があるのです。女性をターゲットにしたおしゃれなエンジンも搭載したスポーティーな車が人気があります。また内装の色に関してはグレードによって設定が異なってきています。内装の質感は高くないがシンプルなデザインで操作性も良好といえるでしょう。

 

コンパクトカーの下取りをするときには下取りの専門店のほうが良いと思います。
自動車の下取りが強いサイトがあります。
自動車下取り

 

ヴィッツの良い点。

この車はリアシートは頭の上の空間が狭いです。足元のスペースも広くはないようなので、大人が長時間使用するようなら居住性を確認してみてください。街中を中心に走行距離が伸びユーザーに適しています。ボディがコンパクトですので街中を中心に使うユーザーに適していてアイドリングストップの装着も渋滞時の燃費も節約しやすいから特に都市部のユーザーに適しているのではないでしょうか。

 

しかしながら、質感を重視するユーザーには適してはいません。内装はオートマレバーの周辺や運転感覚としては乗り心地に不満を感じるところがあります。全般的に作り込みが甘いので質感を重視するユーザーには適してはいません。試乗チェックを入念に行っていくことが大切です。

 

 

この車は低価格の車とあって多額の値引きは引き出すことはできませんが100000円を超える値引き額は引き出すことができます。他のライバル車の1300ccクラスを値引き競争に当ててはいかがでしょうか。低燃費と低価格を特徴とする定番のコンパクトカーなのです。

 

ライバルの車に比べてボディが軽いのでエンジンが1300ccでも力不足を感じることはないでしょう。

 

前の形に比べるとボディ剛性が高まり、危険回避時を含めて走行時の安定性はすぐれています。

 

アイドリングストップを装着しているので燃費の節約が可能となってきていて、しかも価格の上昇を抑えているのが良い点です。

俗に言うレーダークルーズというクルーズコントロールは、レーダーを使って車の速度を自動調整してくれるのですが、自動調整の程度は各メーカーによって違います。
加減速のカーブは、各メーカーでチューニングしているのでしょうが、いろいろなメーカーの車を試乗してみると結構面白いものがあります。

例えば、ドイツ車のレーダークルーズは加減速が若干荒いのですが、ドイツ人はこんな運転をするのかという具合です。

 

この加減速のカーブはある程度コンピューター上で変更することが可能だと思うのですが、調整できる車を見たことがありません。
サスペンションはスポーツモードやコンフォートモードという具合に変更できるのですが、レーダークルーズ自体にモード切り替えは付いていないのです。
レーダークルーズのスポーツモードというと加減速が荒くなりそうで危ないという話なのでしょうが、もう少しマイルドな加減速にしてもらいたいという希望もあるでしょうから、対処してもらいたいものです。

 

高速道路では多少加減速が荒くてもいいのでしょうが、渋滞の道で加減速が荒いと正直怖いと思うことがあります。
また、交差点等ではいったんブレーキを踏むのでレーダークルーズも解除されますが、停止状態からレーダークルーズをオンにすると結構な急加速をしていくことが多いのです。

続きを読む≫ 2015/04/10 09:01:10

諸費用含めてローンを組んでいる時には、再度ローンを組む際に、新しい車の諸費用分を新たに加わってしまいますので、支払い金額は増額ということになります。そのようなときには前回よりも安い金利設定で要求すると良い結果に繋がるでしょう。

 

値引きをして欲しいというお客さんに対しては100000円は値引き分として返金しますが、それ以上は値引きはできませんという話をしてきます。これについては倉庫に支障がない場合であればディーラーもこの線で落ち着きやすいです。ただし赤字になってても値引きをするという事ではなく、150000円くらいが限度だと考えても良いでしょう。

 

当たり前のことですが、車の走行距離のメーターというのは、その車が本当に走行した距離を示しています。新車購入時に受ける取る時でも0キロということはありません。ほとんどの場合は50キロぐらいで新車を受け取ることが多いのです。ということであれば、販売されている中古車の走行距離というのも、新車の時から実際に走っている距離を正しく表示しているはずなのです。

 

だけど、走行距離を表示するメーターも機械というので故障して停止してしまうことがよくあります。

 

続きを読む≫ 2015/04/02 14:05:02

その中身が問題なのです。現在は規制緩和によって、車に義務つけられているのは、24ヶ月です。この点検感覚は、車の品質がまだまだ低かった時代に決められたものであり、品質とは信頼性の向上でそこまでしなくても安全は保てる、ということで規制緩和の対象になったものです。

 

本当のこと言えばやはりこの間隔での点検が望ましいことに変わりはありません。

 

特に輸入車に関してはそういうことがいえます。

 

これは別に輸入車の品質が劣るという意味ではなく、それが作られた国と日本の気候や使い方が余りにも違うからです。

 

確かに、半年や1年ぐらいで手付かずでも、致命的な故障が起こるというわけではありませんが、半年という期間であれば、酷使すれば車をボロボロにすることも可能な期間なのです。

 

大きな問題はありませんが、その目になる小さな問題は起こり得る期間でもあります。
規制緩和以前から、車検前以外は点検を省くことへの罰則はなく、2年に一度、車検の時の記録簿しかない車も多いのです。

 

続きを読む≫ 2015/03/06 00:47:06

中古車販売店では営業マンがアドバイスをしてくれます。

 

店によっては客を声をかけない限り、まとわりつかないように指令をしているので、一応に見て回ることができる店の方が多くなってきています。

 

営業マンのアドバイスは適切でもやはりいいところだらけの話になりがちになります。

 

初心者だと、つい惑わされやすくなりますので、できれば車をすでに持っている友人や身内の人と一緒に行った方が良いと思います。

 

1人では気づかないことが話し合いながら見ていくと発見できるところがあるのです。

 

そしてじっくり見ることが大切です。またわからないところは聞いて即決をしないことにしましょう。

 

これが初めて中古車販売店へ行くときに心がける三原則になります。

 

今日は見に来ただけと態度をはっきりさせることが、営業マンに対する親切にもなるので覚えておきましょう。
電話で確認した車がないということはよくありがちなので、これに関しては特に前日あるいは、前前日に電話を入れただけに、行き違いになります。

 

実際は行き違いというよりも発売日前に売れてしまって、その車がないのに似た車があるときに、使われる販売店の手口ですので、
引っかからないように注意しておくことが大切になってきますね。いくつかの展示場を一通り見て回ったら、購入候補者の絞り込むこと。

 

とにかく進んでいきましょう。営業マンと話し合っただけでかなりの情報は得られたはずだと思います。
それをもとに2台くらいまで候補を絞り込んで初めて正式な商談に入ります。

 

それぞれのお店に見積もり紹介てもらいましょう。
もちろん車の状態や試乗することもこの時点で行っていきます。2台の車を比較検討してみていることを率直に伝えるのが有効になります。

 

営業マンとしては成績を上げられるのでがどうかの段階まで来ているのですので、ライバルに勝つことしか頭にないはずです。
ある程度こちらの条件に重宝する可能性が高いです。

続きを読む≫ 2015/03/01 12:36:01

最近人気の鑑定番組で、目利きと呼ばれる人々が注目されていますが、彼らの目はどうやって養われているのかというと、例えば、専門とするものの歴史などの知識を蓄えることはもちろんだが、何よりも沢山の本物を見ることで目を肥やしてきたのです。

 

中古車選びにあたっては、必ずしも歴史を学ぶ必要はありません。

 

多分、車、特に輸入車を買おうと思った段階で、あなたには大抵い欲しい車種が決まっているはずです。その車種を沢山見て回り乗り比べることで、十分にその違いはわかってくるものなのです。その際は希望予算の中古車だけでなく、もっと高い車も見てみましょう。

 

できれば新車とも比べてみることが大切になってくるかもしれません。

 

中古車とは、新車から年月や距離を得た車に、それなりの価格がつけられたものです。当然、予算の範囲内で買える車は、その金額にみあった程度のものということになりますが、たとえ買えなくとも、新車や、より高い車と見比べてみないことには、自分に帰る車かどうかがわからないのです。惜しければ良い車か、と言えばそういうことではありません。

 

十代見れば重大とも違った。程度であることがわかるだろうし、同時に店によって価格のつけ方やセールストークが違うことも学べるはずです。中には米の店大丈夫かというお店もあるかもしれませんが、そういったことがわかるようになれば完璧です。そうして目を肥やし、やがてこれだという一大にめぐり合えば、あなたの車選びはどんなに遠回りをしたとしても成功なのです。
車査定無料

続きを読む≫ 2015/02/12 04:36:12

私のこどもの友達のお父さんがしょっちゅう車を買い替えていて、驚きます。
車検のたびに買い換えています。これってはたして賢い方法なんでしょうか?
ママの方は、「お給料のほとんどが車でとんでしまう。ほんとうにお金のかかる趣味をもった人と結婚してしまった。」
と嘆いていますが・・。

 

まあ新たに購入する車はすべて中古なんだそうですが、またそれを新しいうちに高く売却して、また中古に乗るって
いうのは、新車を購入して10年くらい乗って、車検代も維持費も払い続けて、また10年後に新車を購入する、
というサイクルとどのくらいちがうものなんでしょうか?
とても興味がわきます。

 

ちなみに、その友達のお父さんの乗っています車は、一般的なものではなく、外車がほとんどなんです。
それもフェラーリ、ポルシェ、BMW、などなどを次から次へと乗り換えて楽しんでらっしゃるようです。
やはりこのような高級車に乗ろうと思えば、新車や維持費などかなり高額ですからね・・。
そのあたり車が大好きな方なので、きっといろいろと情報があって、ベストの選択で、このように乗り換えているのだろうな
と思いますが・・。

 

それにしても中古でもこのような車はとっても高そうで、かなり家計に負担がかかりそうですね。

続きを読む≫ 2014/04/10 20:28:10

この夏に、車を乗り換えました。
今まで乗っていた車は7年乗っていて
愛着もあり乗り馴れていたので
乗り換えには反対でした。
でも、今回の車検までに売らないと
次の車検の時には、そんなに値段もつかないという事だったので
渋々手放す事にしました。
新たに乗り換えた車は、ベルファイアです。
前の車に乗り馴れていたので、乗りにくいとしか、まだ思えません。
一つ目に、ミラーの位置が高い。
二つ目に、燃費を確認する表示が見にくい。
三つ目に、スライドドアの閉まりが遅い。
あげたら、切りが無いほど出てきます。
それでも、これから家族がお世話になる車なので大事に乗っていこうと思います。

 

次にまた乗り換える時には、このベルファイアが乗り馴れていて、乗り換えしたくないと言っているのでしょう。

 

ベルファイアは友達の中にも
たくさん乗っている車です。
私は、友達と一緒の車というのは、あまり好きではありませんが、
6人家族にもなると乗れる車も限られてきます。選択の余地もないような
気がします。(笑)
この車がいいな、と思っても7人乗りであったり。おじいちゃんおばあちゃんと一緒に出かけるとなると、結局7人乗りでは無理なので8人乗りの車を探すしかないですを
8人乗りも、もっとたくさん色んな車が出てくれれば嬉しいですね。

続きを読む≫ 2014/03/16 20:27:16